メニエール病と診断されたが、あの辛い耳鳴りは首コリが原因だった

耳鳴り改善体験談

 

栃木県在住の53歳
性別:男性
経歴:数年前まで観光地でオーベルジュのオーナーシェフを務め、現在はセミリタイヤしてライター&ファイナンシャルプランナーとして活動。趣味はスキー、登山、クレー射撃など。クレー射撃は県代表として国体へ出場経験あり。

 

 

 

身体の不調の中でも突然発症する病気は怖いものです。

 

特に「耳鳴り」や「目眩(めまい)」などは、急に症状が出ることも珍しくなく、また症状の辛さからパニックになることもあります。

 

私が経験した辛い耳鳴りと目眩について、お話させていただきます。

 

 

耳鳴りになった経緯 あれは夏の終わりのことでした

 

サービス業を営んでいた私は、なかなか夏に休みを入れることができずに、毎年10月にまとめて休みを取っていました。

 

当時45歳の私の趣味はダイビングで、その年も家族と沖縄旅行に行ったのです。

 

毎日のダイビングを満喫し、帰宅する朝に身体に異変が起きました。

 

目覚めると頭の中がボウっとして、「ゴォ〜」と言う音が聞こえてきます。

 

起きようとして頭を上げたその時です。耳の中で鳴っている音と共に、大きな目眩を感じて思わず座り込んでしまいました。

 

大学病院でメニエール病と診断されたが…

沖縄からの帰りは耳鳴りと目眩で大変だったのですが、なんとか自宅へ帰ることができました。

 

翌日も体調は相変わらずであり、早速近くの大学病院の耳鼻科で診察を受けることにします。検査を行った結果、医師からはメニエール病を疑う診断が下されました。

 

私の状態は内耳に水が溜まっている訳でもなく、自然に完治するのを待つしか方法はないようです。

 

医師からは「ダイビングで海に潜ったことが内耳に影響を与えたのではないか?」と言われ、内耳の血流を促進させる薬を処方されて自宅へ帰るしかなかったのです。

 

しかし、翌日以降も症状は治まる気配がありません。「何とか自分で対応を考えなくてはいけない」との思いが強まっていたある日、ついに症状を改善させるきっかけに出会ったのです。

 

もしかしたら耳鳴りの原因は首だったの?

沖縄から帰宅してはや1ヶ月が過ぎようとしていたある日、何となく自分の首を触ってみたら凄い張りと筋を感じたのです。

 

ゆっくり回してみると痛みとともに「ゴキゴキ」音が聞こえてきます。あまり強くやると目眩が出るのでゆっくり慎重に行います。

 

不思議なことに普段なら首を動かすだけで耳鳴りや目眩が酷くなるのに、この時はそのような症状が出てきません。

 

ここで私はあることに気が付きました。

 

私はもともと肩こりや首こりが多く、定期的にマッサージに行っていましたが、ここ半年くらいは忙しくて行っていませんでした。それが原因なのか自分でも気が付かない間に、首の筋肉がガチガチに固まってしまっていたのです。

 

「もしかしたら原因は首だったのかもしれない」と気が付いた瞬間です。

 

首の筋肉を柔らかくすることで症状に改善が

いくら首の筋肉が固まっているからと、急激にストレッチを行うと症状を悪化させてしまいます。そこでまず首を温めることと、軽いストレッチを行うことにしました。

 

方法は蒸しタオルを首にまいて十分に温めてから、首をゆっくり回したり、左右前後に傾けたりするのです。マッサージのように直接首の筋肉を揉むことは控えて、始めは軽いストレッチに注力したのです。

 

また、入浴時に首を温めて行うことも大変効果的でした。このような対策を10日ほど行うと、まず耳鳴りがなくなり、それから目眩も感じなくなっていたのです。

 

辛い耳鳴り・目眩は首にも原因がある可能性が

私のケースでは首の筋肉が固くなることで、様々な神経を圧迫していたことが原因だと考えています。また首の血管を圧迫して血流を阻害した可能性もあります。

 

とにかく症状が治まった私は、首の筋肉の張りに十分注意して生活しています。特に忙しい状況下では必ず首のストレッチを行って、筋肉の硬直を防ぐようにしています。

 

耳鳴りの原因として疑われることが多いのは内耳です。しかし治療を行っても改善されない場合には首を疑うことも大切だと思います。もしかしたら私のように首の筋肉が神経や血管を圧迫させることで、症状を引き起こしている可能性があります。

 

「首が硬いな?」と感じたら、首を温めて無理のないストレッチを行ってみたらいかがでしょうか?

 

⇒耳鳴り改善効果に評判の高い美聴泉 TOPへ