30代の耳鳴りの原因は?

30歳を過ぎたばかりで耳鳴りがあるのは、何が原因なのですか?

まだまだ若い年代の30代なのに、最近になってキーンという耳鳴りがよく起こります。どうして、耳鳴りが起こるんですか?

 

30代、40代の耳鳴りは、体の固まりが原因

 

まだ、30代半ばということなのですが、一般的に仕事をしている方であれば、社会的には中堅クラスですよね、30代、40代といえば!脂の乗り切った組織を引っ張る年齢層とも言えます。ですから、仕事量が増えていませんか?しかし、体の方は筋肉が硬くなったり、しだいに老化し始める年齢と言えるのです。

 

例えば、スポーツ選手を見てみると20代のスポーツ選手に少ない怪我が、30代になると怪我の割合が増えてくるのです。スポーツ選手と言えば、日頃体を鍛えていますよね。その方々でも怪我が多くなるのですから、普段あまり体を動かす事を考えずに過ごしている方は、体の様々な所が不調になってくる年代といえますね。この劣化は、耳にも影響があって、30歳を境として耳鳴りが起こるということが増えてくるのです。

 

そのような中、仕事ではパソコンに向かっていることが多い方は、目の疲れや首の痛み、また肩こり、さらに腰痛といった症状が出てきていませんか?このような首元付近の不調が、耳鳴りになる原因と言えるのです。

 

耳鳴りになったりすると、集中力は低下しますし、耳鳴りのせいで眠れなかったりします。そして睡眠不足になり、仕事や家庭での生活に支障をきたすようなことが起きますね。ですから、普段の生活を見直し、軽い運動をしたり、集中して同じ仕事をし過ぎて、姿勢が悪くなったりしないように心がけることも大切ですね。

 

時々は、筋肉をほぐしたりすることが、30代の方にも必要なのです。自分に合った方法で、筋肉を柔らかくする方法を取り入れてみてください。これが耳鳴りを改善にすることにも繋がりますよ。