耳鳴りを悪化させる食生活って。。。?

耳鳴りや難聴に悪い食べ物ってあるの?

 

耳鳴り・難聴が改善の改善や予防に良い食べ物がある一方で、悪い食べ物ももちろんあります。キーワードは『血行不良』。

 

耳鳴り・難聴は、耳の器官の細胞の働きが悪くなることが原因のひとつと考えられています。ですから、血行を悪くするような食べ物はNGなのです。

 

例を上げれば、まずは「油類」。バターやマーガリンなどの油類は、人間が活動するためには必要な食べ物ですが、摂りすぎれば血管が硬くなり、血行が悪くなります。こういった状態を「動脈硬化」と言いますが、動脈硬化になれば、体の隅々にまで血液が行き届かなくなるので、耳の細胞にまで栄養が行き渡りません。その結果、耳鳴りや難聴という症状が起こってしまうと考えられるのです。

 

また「ソーセージ」「かまぼこ」などの加工食品の摂りすぎにも注意が必要です。これら加工食品は加工の段階で、様々な添加物が使われています。添加物は体に不要な老廃物を多く作り出し、体はそれを体外に排出しようとします。しかしリンパ管が大量の老廃物で詰まりがちになり、リンパの流れとともに、血液も滞ってしまうそうなのです。

 

そして、食べ物ではなく嗜好品ですが「タバコ」。タバコに含まれている「ニコチン」は、血管を収縮させて血行を悪くするのは、言わずもがなです。最後に…耳のトラブルの一因『自律神経の乱れ』に作用する「カフェイン」が多く含まれている飲料を摂りすぎるのも良くない、ということを付け加えておきます。