加齢による耳鳴りって?

加齢による耳鳴りはどのようなものですか?

耳鳴りがよく起こるようになりました。でも毎日耳鳴りがするのではなくて、一日中キ−ンと聞こえる訳でもありませんが心配です。加齢に伴うものなのでしょうか?

 

加齢による耳鳴りには、いろいろな原因が

 

病院での聴力検査はどうでしたか?40歳くらいから老人性難聴が始まるかどうかという境界となりますが、個人差はありますからね。

 

耳鳴りの原因は、加齢や耳の病気以外にも沢山あります。感音難聴という病気に伴う耳鳴りでなければ、耳鼻科の治療以外でも治せる可能性はありますよ。よくあるのは、肩こりが治ったら耳鳴りも治ったとか、原因不明で特に治療をしなくてもしばらくすると治ったと言う話も良く聞きますから。特に女性の場合は、更年期の影響であるホルモンバランスの乱れによっても起こりますね。特に浮腫という場合が多いです。その場合は、病名的には耳管狭窄である事が多いです。

 

また、心療内科や精神科の治療を受けている場合は、特に日常生活に支障のない耳鳴りであれば安定剤とか抗うつ薬には頼リ過ぎない方がいいですね。それよりも耳鳴りがあっても気にしない生活を自分で工夫し生活改善する方が良いと思いますよ。

 

その他としては、ストレスが原因の耳鳴りや高血圧などが主な要因となっている耳鳴りもありますね。このような場合は、やはり原因となっているストレスや高血圧の解消を一番に考えて対処することで治ることもありますから。

 

でも根本的な治癒をせずに後遺症となってしまうこともあると聞きますので、特にストレスから突発性難聴になって、これに伴って耳鳴りになった場合は注意が必要ですよ。すぐに治療しないと、後に後遺症が残ってしまう可能性が高くなるからです。治療としては、ステロイド剤などを点滴で投与する方法が良く取られます。それと、鼓膜も正常で聴力正常範囲でも耳鳴りが起こるような場合は、耳管機能検査というものを一度受けた方が良いと思いますよ。また、検討してみて下さいね。