耳鳴りの投薬治療って根本解決しないってホント?

病院でもらった耳鳴りの薬がきれるとすぐに耳鳴りが起こるのは、なにが原因なのでしょうか?

かなり前から、耳鳴りがよく起こり病院で治療しているのですが、処方された薬が切れるとすぐに耳鳴りが起きます。いつまでこの状態が続くのか不安です。何が原因なのでしょうか?

 

いつまでも続く耳鳴りには、いろいろな原因が

 

知っている方の中にも耳鳴りに悩んでいて、もう慢性化して10年以上耳鳴りに苦しんでいるとのことですよ。そして、慢性化している人の多くは、病院の治療を続けているのですが、治っていないのが現状ですね。
処方された薬に依存しすぎない!

 

と言うのも病院の薬は、どうしても対処療法であって、耳鳴りの音を抑えるとか、痛みを抑える事が目的なのです。ですから根本的な治療にはなっていない場合が多いのです。ですから薬に依存してしまうと、もっと早くに治るはずだった耳鳴りまで治らなくなることがありますね。

 

ですから、何が耳鳴りの原因になったのか、またなっているのかをやはり考え突き止めることは大切です。でもそれが容易であれば、早く直っているはずなので難しいのが本当のところでしょうね。でももう一度思い返すことは、大切ですよ。そのときに気付かなくても後で思い返すと分かる場合もありますから。身近な痛みで言えば、肩こりが酷くなって、頭痛がしてくると耳鳴りが起こったとかですね。体は全てつながっていて、耳が違和感があっても違った場所が病気の引き金になっている場合もあります。

 

ですから、思い返すとストレスが耳鳴りの原因であるとはっきりしてきた場合は、睡眠時間をしっかり確保するとか、適度な運動、そしてバランスの良い食事など、いわゆる生活改善が重要ですね。よく健康に良いと言われている事を取り入れた結果、現状より耳鳴りの症状が改善されたということは、よくあるのです。やはり、病院の薬に頼りすぎないで、生活改善もぜひ行ってください。