耳鳴りの原因とは?

耳鳴りの原因って何?

最近になって、耳鳴りがよく起こるようになりました、このままずっと耳鳴りになってしまうのではととても不安です。どうして耳鳴リは起こるんですか?

 

耳鳴りには、いろいろな原因が!

 

もし、症状的に、耳閉感があってキーンという耳鳴りがするのでしたら、耳管狭窄症かも知れませんね。じかんきょうさくしょうと読むのですが、この種の耳鳴りだと考えられますよ。誰でも数秒で止む程度の耳鳴りはありますよね。

 

でも症状として、このような状態が続き、慢性化すると1日中キーンという音が鳴り止まないという耳鳴りになることもあるのです。でも朗報ですが、耳管狭窄になるのには、原因があるのでこれを解決すれば、耳鳴りも治りますし、未然に防ぐこともできますよ。

 

・耳管狭窄の原因は

 

耳管狭窄の原因としては、鼻や喉奥に炎症がある場合によく起こります。病名としては、上気道炎と言って風邪をひいたり、アレルギーでもなる事は良くありますよ。
また、胃酸過多でも慢性的な上気道炎を起こすことがありますね。まず、胃酸過多の原因は、ストレスによる自律神経の問題やピロリ菌等です。他に薬を服用したための胃炎だったり、仕事上前屈みになることが多い場合は、胃酸過多になりますから姿勢にも気をつけてね。

 

また、浮腫や低血圧、冷え、首や肩の凝りなども、症状が出易くなりますからね。特に浮腫の方は、入浴とか飲酒、起床後は身体が浮腫みやすくて、症状が出易くなりますよ。さらに花粉症の方も花粉症の治療をする必要がありますね。

 

どうしても耳鼻科の治療を思いつきますが、それ以外に体質改善もしないとなかなか完治というところまで難しいでしょうね。あまりにたくさんの注意事項がありましたが、どれか当てはまるようでしたら改善に向けて取り組んでくださいね。